男性の勃起から射精までの時間は体調や気分によって異なりますが、もしかしたら早漏かもしれないと思った人に朗報です。早漏は簡単に改善することができます!早漏は闇雲に触っても改善するものではありません。一人で改善する方法からパートナーと一緒にできる改善方法まであります。多様な改善方法を紹介するので参考にしてみてください。

スクイーズ法を使うと自宅で早漏克服が出来る

喧嘩をしたカップル

早漏になった男性はセックスでパートナーを満足させることができないので、コンプレックスを感じやすいです。
次第にセックスが怖くなりセックスを避けるようになる男性もいます。
そうなるとパートナーとの仲も悪くなり別れの原因になる可能性も高いです。
早漏であることを誰にも相談できずに悩む男性もいますが、スクイーズ法を使うと家で簡単に早漏を克服することができます。

スクイーズ法というとペニスを鍛えるトレーニングだと勘違いしている人も多いですが、ペニスを鍛えるトレーニングというよりは自律神経を鍛えるトレーニングとイメージするといいでしょう。
射精時間は脳が決めているので、脳の誤作動を少なくすることによって治していき、徐々に射精までの時間を延ばしていきます。

家で簡単に早漏を克服できるスクイーズ法のやり方ですが、パートナーには内緒で早漏を克服したいという場合は、手やオナホールを使用しマスターベーションをするといいでしょう。
手よりもオナホールの方が女性の膣内に感触が近いので効果的です。

マスターベーションをしていきそうになったら、カリの付け根を指で押さえつけて射精をしないようにします。
これを一度のマスターベーションで10回くらいおこない射精をしますが、一人の場合は自分のカリを抑える刺激が我慢できずに、いってしまうこともあるので気をつけてください。

パートナーの協力を得られる場合は、膣にペニスを挿入した後で、速やかにペニスを膣から抜きパートナーが亀頭を指で数秒間圧迫します。
男性がいきそうになったら再びペニスを挿入して亀頭を圧迫し、これを何度も繰り返し最後にしっかり射精をさせてください。
射精をさせずにスクイーズ法を終わらせると、逆行性射精という病気になる危険性があるので注意が必要です。

ペニスを膣に挿入する以外の方法として、パートナーの手やオーラルセックスで射精感を高めてもらい、いく直前なったらパートナーに亀頭を圧迫してもらう方法もあります。

早漏の話題でよく出るPC筋について

早漏の克服にはPC筋を鍛えるといいと言われていますが、PC筋がどこの筋肉なのかよくわからないという人も多いです。
PC筋の位置はペニスの根本の上部あたりにあります。勃起した時に上向きになったペニスを支える役目と考えてください。
男性の場合は無意識にPC筋を使っていることが多いです。
無意識にPC筋を使うタイミングがおしっこをする時で、お尻に力を入れた瞬間に動く筋肉がPC筋と言われています。

なぜPC筋を鍛えると早漏の克服になるのか疑問に感じる人もいますが、実はPC筋にはペニスにたまった血液を食い止めてくれる役割があるので、PC筋を鍛えることで勃起する時間も長くなり早漏の克服につながるというわけです。

簡単にPC筋を鍛える方法ですが肛門を5~10秒の間締めます。その後5~10秒の時間をかけてゆっくりと力を抜いてください。
これを15回繰り返しますが、最初は毎日一セットし、慣れてきたら少しずつ回数を増やしてください。
最終的には朝昼晩で毎回4セットずつすると確実にPC筋を鍛えられます。
誰にも気づかれることなくどこでもできるので便利です。

スクワットとPC筋トレーニングを同時にすることも早漏の克服には効果があります。
スクワットを15回を2セットまずおこない、その後で3分間休憩しPC筋トレーニングをするといいでしょう。
その後でスクワットを1セットおこない、その後でまたPC筋トレーニングを3分間します。

スクワットをおこない太ももを鍛えれば血行がよくなり、ペニスに送られる量も自然に増えていきます。
精巣の働きも良くなるので男性ホルモンの分泌量も向上し早漏の克服に効果があるというわけです。
大事なのは継続することなので、無理をしない範囲でトレーニングをずることが大切です。